シェープ
ラミネート
ポリシー
現在では、多種多様、沢山のブランクスがあり、各社種類の違うブランクス・表面の状態・個体差・乗り手の技量・体重、全ての状態を考慮して対応していかなければならいと言う事はあまり知られていません。

DRIVE FACTORYでは、1本のボードに対し、オーダー時のリクエストから3パターンの仕上げイメージを持って取り組んでいます。
軽量・・・ボードの性能を最大限に引き出す仕上げ。  
中軽量・・・ボード性能を引き出しつつ、ある程度の強度も考慮。
強中量・・・ボードの性能を損なわないようにしつつ、しっかり強度をつける。

そして、ラミネート作業。
一見同じような作業の繰り返しに見えますが、シェープと同じぐらい重要な位置付けに指定されており、ポリエステル製の樹脂だけでも12通りのラミネート工法を使い分けています

同じパターンのボードを違う巻き方でテストした結果、特にパドル・テイクオフ・ターンの伸び・ライディングスピードと言った所が全く異なる性能になったからです。
 
これらの事は、この20年間、乗り手と作り手との間で毎回新しいボードを試すたびにディスカッションし、少しづつ時間の流れとともに形にしてきた技術と工法なのです。
 
プロの作るサーフボードは当てものではありません。全てに裏付けされたデータを要します。

1枚のオーダー用紙から、その削り上げられたシェープボードを仕上げるラミネートにも、また本物のボードビルダーの情熱・経験が注がれています。 そして、1人1人、オーダーを頂いたお客様のため、日本の波質に合わせることに真剣に取り組んだボードをお届けしています。

それが、20年間サーフボードを作り続けてきたDRIVE SURFBOARD の誇りと信頼です。
ファクトリー
ファクトリーでは、全国から頂いたオーダーを基に、丁寧にサーフボードを製造しています。
そして、楽しいサーフィン仲間がファクトリーに集まっています。
プロサーファー&シェーパーの原田プロにあなたのサーフボードをチェックしてもらい、その後しっかりとボードのオーダーができる、最高の SURF FACTORY です。
レベルを問わずサーフィンに関する質問、今現在乗ってるボードに関する疑問など、様々な質問にお答えいたします。
大阪・沖縄両ファクトリーでは、リペアも随時承っております。EPS・ PU、全て修理可能ですので、どうぞお気軽ご連絡ご相談ください。
大阪工場
OPEN : 15:00 ~ 21:00  CLOSE : SUN & HOLIDAY 
Tel & Fax : 072-299-7314
591-0151 大阪府堺市南区小代 642-1
e-mail
地図
泉北2号線 の小代交差点を西側へ入り、阪和自動車道沿いの一方通行を左折し、30メートルほどの所に、当シェープファクトリーがございます
沖縄工場
Tel & Fax : 098-955-5799
904-0112 沖縄県中頭郡北谷町浜川158 S 276
e-mail
ブランクス
ブランクス
皆様から頂いたオーダーを基にマシンによってプレシェイプされたブランクスです。
シェイプ
シェイプ
この台にブランクスを置き、シェイプを行います。
道具
ブランクスと、シェイプする時に使用するプレーナーやスケールです。
定規
定規
これはボードの厚さをはさんで測る道具です。
シエイプ
天井
ファクトリー内の天井です。
作業
ラミネートやホットコートの作業中のサーフボード達です。
ブランクス
作業
ラミネート前のボードです。
デッキ側のディケールはクロスとクロスの間に挟みラミネートします。
シエイプ
作業
ホットコートを終えたパラボリックストリンガーのサーフボードです。
道具
道具
サンディングルームです。
サンディング中のリバースパラボリックストリンガーのサーフボードです。

PAGE TOP